H!NT | アサインナビユーザーのためのヒントを発信するメディア
Operated by Assign Navi

"H!NT"は、IT人材調達・IT案件開拓のための
ヒントを発信するメディアです。

アサインナビからの情報 活用方法

人材調達で成果をあげる3つのポイント

こんにちは!アサインナビの角田(スミタ)です。

IT人材が不足している状況の中、人材調達はIT業界の大きな課題となっています。
それに伴い顧客の要望に沿えるような人材を提案することも難しくなってきているのではないでしょうか。

一方でこのような人材不足の状況の中でも、外部人材の稼働を増やすことが出来ている企業もあります。

人材調達で成果をあげているいくつかのアサインナビのユーザー企業にヒアリングした結果、成果をあげる上で大切なポイントを3つの記事にまとめました。

人材調達で成果をあげるポイント①:

他部署とのコミュニケーションを活性化し、人材調達を最大化する

人材調達の担当者は、同じ部署の方、現場担当者、上位会社、協力会社、営業事務の方など、さまざまなステークホルダーと関わりながら調達業務を進めていく必要があります。
この記事では人材調達の業務を行っている方向けに、「現場担当者と調達担当者」に焦点をあてて、人材調達をする上で必要なコミュケ―ション方法をお伝えいたします。

記事を読む

人材調達で成果をあげるポイント②:

一度のヒアリングで協力会社に案件情報を展開する

現場担当者からの案件情報が不十分だと思ったことはありませんでしょうか?
この記事では人材調達の業務を行っている方向けに、現場・上位会社から案件情報をヒアリングするときのコミュニケーションの質を上げることで、スピーディーに協力会社へ案件情報を展開する方法をお伝えいたします。

記事を読む

人材調達で成果をあげるポイント③:

市況感を現場と共有し人材を探しやすくする

調達担当にとって、一番時間を費やすのが人材要件にマッチする人材を探すことではないでしょうか。
この記事では現場担当者を巻き込んで人材調達をすることで、マッチする人材を探しやすくする方法をお伝えいたします。

記事を読む

人材調達で継続的に成果をあげている企業の調達担当は、いずれも現場担当者とのコミュニケーションや連携を強化しており、現場担当者を巻き込みながら人材調達業務を行っています。

上記の3つのポイントがこれからの人材調達業務で、より成果をあげるためのヒントとなれば幸いです。

アサインナビ角田 = 文